派遣の職場見学・顔合わせ面談で聞かれる質問まとめ。聞いてはいけない質問とは?

派遣 職場見学派遣として企業で働く前に、乗り越えなければいけないのが「顔合わせ・職場見学」です。
 
文字だけをみると気軽な雰囲気に思えますが、面談なども含まれ、事前の準備をきちんとしていくべきものになります。
 
このページでは顔合わせの内容や、当日の格好、面談時に質問される事項、逆質問の事項など「顔合わせ・職場見学」に備えておきたい事柄をまとめました。
 

派遣の顔合わせ・職場見学とは

派遣の顔合わせ・職場見学とは「実際に就業をする前に、派遣会社の担当者と一緒に派遣先を訪問して、面談を行うこと」です。
 
企業によって「顔合わせ、職場見学」と言い方は異なりますが、基本的に内容は一緒になります。
 
一般的に正社員などの採用面接の場合は、面接がメインで採用・不採用の知らせを待つことなります。
一方で顔合わせは、面談にも派遣会社の担当者が同席し、勤務先予定の担当者と実際に会って、質問や業務に関する打ち合わせを行うものになります。
 
派遣は、紹介予定派遣を除きいわゆる事前面接等(派遣労働者を特定することを目的とする行為)は禁止されています。
 
ですが、あなたと顔合わせ企業の希望があってるか双方で確認するためにも、「職場見学・顔合わせ」という名目で面接に近いことを行うのです。
 
顔合わせは就業前に派遣先企業について直接先方に質問できる唯一の機会です。
あなた側からも自分がこれから働くのに良い環境の会社かどうか見定めるつもりで顔合わせに望むと良いでしょう
 

職場見学・顔合わせはスーツでいくべき?オススメの服装

派遣の職場見学や顔合わせは、必ずしもスーツで行かなくてはならないわけではありません。
 
ただ、顔合わせといえども会社に訪問することや、面接に近いことを行うことを考えると、スーツ着用が好印象を持たれる格好です。
 
業務内容が営業だったり、派遣会社から指定があった場合はスーツでいきましょう。
 
事務系やテレアポの場合は、オフィスカジュアル程度で大丈夫なことが多いです。
とは言っても、会社や担当者によって受ける印象が異なるので、全体の定義が広いオフィスカジュアルは悩んでしまいますよね。
 
少しでも迷うようであれば、ジャケットを着用した方が確かだと思います。
 
シンプルなカットソーやシャツの上に、黒や紺、茶色のジャケットを羽織れば、スーツほどかしこまらずに、清潔感のある会社受けの良い印象を与えることができます。
 
下は、スカートやチノパンなどシンプルなものがいいでしょう。
Gパンや奇抜な柄のズボン、スカートはNGです。
 
靴は定番どころのストッキングにパンプスがいいでしょう。
素足にサンダルやブーツはNGです。
 
アクセサリーなどの装飾品は時計程度で抑えめが無難です。
ネイルは落とすかベージュなど目立たない色にしておきましょう。
 

髪型や髪色のポイント

髪は一つにくくるか、下ろしていても清潔感があるように適度に整えてから顔合わせに向かいましょう。
 
髪色は派遣会社の担当者が、顔合わせ先の企業に外見を含めてあなたを紹介しても大丈夫だ、とお墨付きで紹介されるのでさほど気にしなくても大丈夫です。
 
ただし、派遣会社で紹介を受けた後に、急に髪色を明るく染めると髪色でNGになる可能性があります。
暗くすることは問題ありませんが、顔合わせ前後に髪色を極端に明るくすることはやめておきましょう。
 
服装や髪型で第一印象が決まります。
まあいいかで済まさずに、社会人として好まれる格好をしていくように心がけましょう。
 

顔合わせまでの当日の流れ

派遣会社の担当者と勤務先近く、または勤務先前で待ち合わせたら、今日の流れの説明と打ち合わせを軽く行います。
派遣会社によりますが、5ー10分程度で顔合わせの諸注意などを立ち話で簡単に済ませる場合が多いです。
 
質問内容など顔合わせ時の面談の内容に不安があれば、この時に相談しておきましょう。
 
そしてそのまま、派遣会社の担当者と一緒に顔合わせ先の会社に向かいます。
 
部屋に通されたら、「失礼します」と言ってから部屋に入り、座ることを促されてから椅子に座りましょう。
 
「顔合わせ」の流れは会社によって異なりますが、
 
1.派遣先会社からの会社説明・仕事内容の説明・契約内容の確認
2.面談
3.質疑応答

 
大きく分けてこの3つを行うことになります。
 

準備必須!顔合わせで絶対に聞かれる質問

多くの会社が最初に高確率で聞いてくる質問事項は以下の2つです。
 
・自己紹介
・職務経歴

 
顔合わせの山場はここだと思ってください。
この項目はスムーズに答えられるように事前に心の準備をしておきましょう。
 
正社員などの採用面接に比べて、顔合わせは比較的ゆるい雰囲気で行われることが多いですが、やはりここの部分はどの会社にとっても一番聞いておきたい重要な部分になり、アピールポイントになります。
 

自己紹介の例

「○○○○(フルネーム)と申します。本日はよろしくお願いします。それでは、簡単にですが、経歴の説明をさせて頂きます」

 
自己紹介と言っても無理に趣味や特技を言う必要はありません。
(仕事に関連することやアピールできる特技がある場合は職務経歴の紹介の時に一言添えてもいいと思います)
 
実は派遣会社が用意したスキルシート(履歴書)には、個人情報が載っていません。
つまり、氏名や年齢などは勤務先企業側はわからないのです。
 
ですので、ここでの自己紹介は深く考えずに名前をフルネームで名乗る程度で大丈夫です。
詳しくは職務経歴の方でまとめましょう。
 
第一印象を左右する質問ですので、ハキハキと元気よく答えましょう。
 

職務経歴の例

「大学を卒業後、〇〇会社に就職し、〇〇部に配属となり3年ほど勤務しました。
営業事務として主に、8名ほどの営業のサポートとして契約書や覚書の作成や請求書の作成、発送を担当しておりました。他には電話での受付対応、備品発注などの庶務も担当しました。
使用していたPCソフトは、エクセル、ワードが中心です。
エクセルでは表作成や簡単な関数、ワードでは文書作成や差込印刷などを行っておりました。
 
業務では直接お客様と会うことはありませんでしたが、営業のサポートとして潤滑に仕事ができるようきめ細やかな仕事を心がけて行っていました。
 
社会経験は浅いですが、御社でもその時の経験を生かして、与えられた仕事を丁寧に対応していきたいと思っております。
御社のお役に立てるよう精一杯努力しますので、よろしくお願いいたします。
以上です。」

 
大学名や過去に勤めていた会社名ですが、近年は個人情報の保護のためにわざと伝えない人も増えてきました。
気になる人はこの部分は業種のみは伝えるだけでもOKです。
念のために勤務先を伝えた方が良いのかは、事前に派遣会社の担当者と相談しておくといいでしょう。
 
職務経歴を話す際のポイントは以下の4つ
 

  • 務めたことのある業界、職種
  • 業務内容
  • 使用したPCスキルなどを具体的に
  • この職種経験を通して得たこと、顔合わせ先の会社にどのように生かしたいか

 
最低限、上記の内容をシンプルにまとめて話せるようにしておきましょう。
 
履歴書に書いた経歴をそのまま話すのはNG。
具体的にどういう仕事をどのように経験したのかを話すようにしましょう。
 
また、無駄に長く話そうとしたり、エピソードを多く盛り込む必要はありません。
上記の内容だけでも丁寧に話せば2分程度の長さになるので、それで十分です。
 
あなたの話に対して質問があれば、向こうから聞かれます。
用意してきたことを一気に話そうと思うと、墓穴を掘ってしまったり、失敗する可能性が高いです。
 
長々と話を続けるよりも、伝えたいことを分かりやすくまとめて、相手を見てハキハキと話すことの方が重要です。
 
また、職務経歴の話は長くなりがちなので、終わりに「以上です」とつけて話の区切りがついたことを伝えるといいでしょう。
 

顔合わせで聞かれやすい質問

自己紹介と職務経歴を伝えると、その内容で掘り下げて聞きたいことや、これからの仕事にまつわる質問などを聞かれます。
 

業務内容について

  • 業務内容について不安はないか?
  • 電話対応があるが大丈夫か?
  • パソコンスキルに関して

 
業務内容については、あなたがきちんと内容を理解しているか、またやる気があるのかを判断するために質問されやすい項目です。
 
以前の仕事でも行ったことがあれば、経験があることを伝えましょう。
「以前の○○業の事務でも、文書作成等を経験しておりますので、問題ないと思います」
 
経験のない仕事内容であれば、似たような事柄を伝えるとアピールすることができます。
「事務の経験はありませんが、以前営業でエクセルを使用した資料作成などは行っていました。事務の経験はありませんが、すぐに慣れるよう頑張りたいと思います。」
 
業務内容については、あなたもわかっている前提で顔合わせにきているので、なるべく否定的なことは言わずに、頑張りたいという決意を伝えるといいでしょう。
 

勤務状況について

  • 残業はできるか?また、どの程度までなら可能か?
  • 勤務地までの通勤時間や交通手段は何か?
  • 長期に勤務することは可能か?

 
残業時間の希望などは、あらかじめ派遣会社の担当者から伝わっていることが多いですが、勤務する上重要な事項ですので確認も含めて聞かれる可能性が高いです。
 
ここで答えた残業量が、そのまま実際に働いた時に残業する時間になりますので、無理に出来ます、などは言わずに生活に支障のない範囲で答えておきましょう。
 
また、長期に勤務できるかは正直わからないという方も多いと思います。
 
最初から短期間の勤務を希望の場合は、そう伝えておくべきですが、そうでない時は、「長期勤務希望です」と伝えましょう。
後から理由があって契約を更新しない場合でも、攻められることはありません。

顔合わせ面談の逆質問の例

何点か質問され面談が進むと、最後にあなたの方から何か質問はありますか?と必ず聞かれます。
 
その時に「特にありません」というのはNG
 
熱意を見せるためにも、最低でも一つの質問は用意しておきたいところです。

 

  • 就業開始までに勉強しておくことがあれば教えてください
  • 1日の仕事の流れを教えていただけますでしょうか
  • 前任の方の引き継ぎはありますか
  • どのようなPCソフトを使用しますか

 
やはり業務内容に即した質問が仕事をやる熱意があると受け取られて好印象を与えることが出来ます。
 
また、こういった事柄をすでに質問のやりとりで話してしまった場合は、
 

  • みなさん何時ごろから出勤されていますか
  • みなさんお昼はどのようにされてますか

など、実際に自分が勤務した時に気になる点を聞くといいでしょう。
 
逆質問はあなたの前向きな姿勢をアピールすることができます。
良い質問ができれば、好印象の獲得につながるので、きちんと準備をしておきましょう。

顔合わせ面談で聞いてはいけないこと

質問しなければならないと言っても、何を聞いてもいいわけではありません。
 

  • 会社概要などHPをみればわかる内容
  • 時給や休みについて
  • いずれ正社員になれるか

 
特に上記のような公式ホームページに載っていることや待遇面、ネガティブなことについての質問は、顔合わせの場でするべきではありません
 
調べれば簡単にわかることは、この人はうちの会社に関心がないと判断されても仕方ありません。
また、給料や休みなどの待遇面は、派遣会社が管理しているので顔合わせ先の企業には質問しても意味がないことです。
今後正社員になれるかどうかも、現時点では答えにくいことなので質問では聞かないほうがいいでしょう。
 

職場見学・顔合わせは万全の準備をしていこう

いかがだったでしょうか?
 
派遣として働くには、派遣先との顔合わせはほぼ必須なことが多いです。
正社員採用ほど緊迫した雰囲気ではありませんが、質問や身だしなみなど万全の準備をしていきましょう。
 
また、顔合わせでは派遣会社の担当者も同行します。
あらかじめ、あなたの魅力を顔合わせ先の企業に伝えてくれますし、面談時にどう受け答えすべきかも一緒に考えてくれる心強いパートナーです。
 
しかし、派遣会社の担当者がイマイチだと、希望の行き違いがあって顔合わせがスムーズに進まなかったり、勤務後も相談事があっても頼り甲斐がなく、仕事がうまく進まなくなる可能性があります。
 
つまり、働きやすい勤務先に出会うには、良い派遣会社、質のいい担当者は必須条件です。
 
特に派遣会社の担当者は仕事を紹介するところから、辞めるところまで、勤務中の相談も含めてあなたのフォローをしてくれます。
どれだけ良い担当者に出会えるかが、今後の働き方に影響してくるでしょう。
 
以下で紹介している派遣会社は、定期的に研修を行い質の高い優秀なスタッフが揃っているオススメの優良派遣会社です。
 
是非、参考にして見て下さいね。

当サイトおすすめ派遣会社BEST3

123

スタッフサービス

テンプスタッフ

アデコ

求人数
106,697
40,928
10,681
紹介予定派遣
あり
あり
あり
おすすめポイント

求人増加中で求人数がダントツの多さ!非公開案件も多数!

担当者の対応が丁寧で登録して良かった!という声多数!

外資系企業との強いパイプ・高時給求人が最大の強み!現在求人増加中!

登録者100万人以上!10月・11月スタートの仕事は今がチャンス!

10月・11月スタートの仕事も充実!求人数が最大級で常時3万件以上の求人!職種カバー率も100%

新着求人出ています!官公庁・学校求人・紹介予定派遣に強い!

登録後その日に仕事が見つかる!という声多数!2分でカンタン登録!

人材派遣業界7年連続業績No.1で抜群の安定感!

求人数こそ上位2社より少ないものの、担当者の満足度が非常に高く、満足度調査で、9部門満足度第1位

どの職種も充実!早く仕事を見つけたい方におすすめ!

単発・短期求人も充実!主婦・学生にも人気!!

3分カンタン会員登録!無期雇用派遣を積極的に採用!

昨日の登録は30件でした!

昨日の登録は10件でした!

昨日の登録は3件でした!

公式 公式 公式