退職代行は派遣で使えるのか?おすすめの退職代行ランキング

最終更新日 2021/02/25
執筆者:noriko

 
派遣先に配属先されたばかりだけれど、合わなくてもう辞めてしまいたい。契約期間が残っているけれど、急に退職しなければいけない理由ができてしまった。
 
でも、気まずくて辞めたいって言い出しにくい。もしくは、派遣会社の人に相談したけれど、取り合ってくれなかった。。。
 
派遣として働いていても、様々な理由で仕事を辞めてしまいたいと悩んでいる人は多いと思います。そんな方にオススメなのが今人気の「退職代行サービス」です。
 
このページでは契約期間内でも辞めることは出来るのかなどを退職代行サービスのランキングを交えて、派遣が退職代行サービスを利用するとどうなるのかをまとめたいと思います。
 

1.退職代行サービスとは?

退職代行会社
退職代行サービスとは、その名の通り業者があなたに代わりに退職に必要な手続きを行ってくれるサービスです。
 
本来であれば自分で退職の手続きを行うことが一般的ですが、
 

  • 退職願いを出しても人出不足で退職の時期を引き伸ばされている
  • ブラック企業でそもそも退職の申し入れを聞き入れてくれない
  • 会社の雰囲気が悪くて退職を言い出せない
  • 上司と直接話すことなくに会社を辞めたい

 
など様々な事情で退職の手続きを行えず苦しんでいる人が世の中には多くいます。そこで、退職代行業者があなたに変わって会社に退職の意思を伝えます。
 
退職代行サービスは2018年頃からテレビでも取り上げることが多くなり、利用者数も年々増加しています。
 
今では多くの退職代行が「24時間対応」「即日退社」「返金保証」など独自のサービスを展開しているので、自分にあった会社を選んで利用することができます。

2.退職代行サービスは派遣でも利用できる?


退職代行サービスは派遣でも利用可能です。
 
正社員で利用する人が多いですが、派遣や契約社員、アルバイトでも退職代行サービスの対象になります。
 
派遣が退職代行サービスを利用する場合は、派遣先の会社ではなく、登録している派遣会社に連絡して手続きを進めるようになります。
 
ただし、代行業者によっては派遣は取り扱っていないところもあるので注意しましょう。

3.派遣でも利用可能な退職代行サービスランキング

退職代行サービスを選定する際にオススメな業者は「料金一律」にしているところです。
 
退職代行業者の中には「基本料金」にプラスして、深夜連絡や土日対応、文書作成などを行う際に新たに「オプション料金」として金額が加算される方法をとっているところがあります。
 
しかし、加算方法式だと、基本料金の範囲内だけで収まれば金額を抑えられますが、イレギュラーなことが発生したりして気がついたら想定した金額よりも大幅にオーバーしていたということもありえます。
 
退職の手続きは出来るだけ素早く、そして確実にしてほしいものですよね。
 
一律料金であれば、金額の不安もありませんし、気になることがあれば気軽に相談することが出来ます。
 
ここでは一律料金で行っている当サイトオススメの退職代行サービスを紹介します。

3−1 派遣でも利用可能な退職代行1位:退職代行サービスSARABA(サラバ)

saraba 退職代行サービス

 

【退職代行サービスSARABA(サラバ)の特徴】

  • 労働組合なので交渉も可能
  • 24時間365日対応。LINEやメールも対応
  • 相談回数無制限
  • 全額返金保証
  • 即日退職OK
  • 退職後の転職無料サポート付き

 
退職代行サービスSARABA(サラバ)の最大の特徴は労働組合であることです。労働組合であるメリットは会社との交渉が可能なこと。
 
通常、退職願いを代行業者が提出した際に、退職の希望日や未払い給料・残業代などの金銭の請求など退職に関する希望を伝えてもらえます。
 
その希望が企業が受け入れをせず「交渉」しなければならない状態になった場合、一般の代行業者は伝えるのみで「交渉」をあなたの代わりに行うことが出来ません。
 
この「交渉」は「非弁行為」と言って弁護士以外がやってはいけない行為だからです。しかし、労働組合であるSARABA(サラバ)なら団体交渉権を持っているので、弁護士でなくても交渉をすることが出来ます。
 
SARABA公式サイトへ

3−1−1 退職代行サービスSARABAの費用

退職代行サービスSARABA 25000円
費用が以前の27,000円より2,000円安くなりました!
↓こちらが以前の27000円の時のHP画像です。
 
退職代行サービス「SARABA」パッケージ価格

 
退職代行サービスSARABA(サラバ)の費用は正社員でも派遣でも一律で25,000円。
 
この費用は、退職代行サービスの中でも安い部類に入ります。(2021.9月時点)
 
料金一律で24時間365日対応。交渉可能で費用も抑えめに済むという面で退職代行サービスSARABA(サラバ)はオススメです。
 
退職代行サービスSARABA公式サイトはこちら>>SARABA公式サイト/
 

3−1−2 退職代行サービスSARABAの口コミ


 

・すぐにその日から会社へ行かなくても良いと言う点に満足しました。また、料金の支払いが一括払いしかできなかったため、分割払いが可能であれば良かったなと思いました。(35歳 男性 派遣)

 

・本当にLINEだけでSARABAとのやりとりが完結しました。また銀行振り込みも領収書を写真で送ることで認証されるのが便利でした。ただ最初の「ヒアリングシート」の入力項目がかなり多くて細かいのが面倒でした。(27歳 女性 派遣)

 

・まず、返金保証がしっかりとあったので本当に良かったです。また、対応スピードについても早かったので安心でした。ただ応対に関しては事務的だったので少し残念でした。(30歳 女性 看護師)

 

3−2 派遣でも利用可能な退職代行2位:退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ

 

【退職代行ニコイチの特徴】

  • 創業14年の退職代行サービスの老舗
  • 退職率100%の実績(2019年12月時点)
  • 心理カウンセラーが在籍
  • 2ヶ月間のアフターフォロー付き
  • 即日退職OK

 
退職代行ニコイチは創業14年。
 
退職代行サービスがメディアなどで取り上げられる前から、退職代行を行い現時点で19,292人(2021年2月現在)の方の退職を成功させてきました。
 
近年、退職代行サービスが世間に認知されてきたことにより、新しい退職代行サービスがどんどん増えてきています。しかし、経験や知識が浅く、トラブルになってしてしまっているところもあります。
 
しかし、ニコイチなら現時点で退職率100%と言う、長年培ってきた経験と実績で安心して退職代行をお任せすることが出来ます
 
また、プロの心理カウンセラーが在籍し、一律の料金内で仕事の相談や悩みを聞いてくれるのでメンタル面でのサポートが欲しい方にはオススメです。
 
2ヶ月間のアフターフォロー付きなので退職後の書類のやりとりなどもニコイチにお願いすることが出来るのも嬉しいですよね。
 
ニコイチ公式サイトへ

3−2−1 退職代行ニコイチの費用

ニコイチ退職代行パック 27,000円

 
退職代行ニコイチの費用は正社員でも派遣でも一律で27,000円。
 
この費用は、退職代行サービスの中でも安い部類に入ります。(2021.2月時点)
 
料金一律で退職率100%。そして費用も抑えめに済むという面で退職代行サービスニコイチはオススメです。
 
退職代行ニコイチ公式サイトはこちら>>退職代行ニコイチ公式サイト/

3−3 SARABAとニコイチの比較

SARABA ニコイチ
費用 27,000円 27,000円
全額返金保障 あり あり
対応可能時間 24時間・365日受付 7:00~23:30
主な特徴 交渉可能
即日退職OK
成功率100%の実績
プロの心理カウンセラーが在籍

SARABAもニコイチも退職代行サービスの中でも、安い部類に入るのにも関わらず、質が高く実績も多いので安心して依頼することが出来ます。
 
給料の未払いなどを交渉する可能性が最初から高ければSARABAを、精神的にまいっていて、手厚いフォローやカウンセリングを重視する人はニコイチがオススメでしょう。

4.契約期間内でも退職することは出来る?


派遣で退職代行を依頼したいと考えている多くの人がまず考えるのが、「契約期間内でも退職することは出来るかどうか」と言うことだと思います。
 
基本的に契約期間内は原則として辞めることが出来ません。この事柄は退職代行サービスを使用してもしなくても一緒です。
 
しかし、以下のようなやむを負えない事情があったり、会社と合意が得られた場合は契約期間内でも退職が可能です。
 

  • 怪我や病気で仕事を続けるのが難しい
  • 家族の介護が必要になった
  • 交わした労働条件と仕事内容が異なる
  • パワハラやセクハラなどのハラスメントを受けた

 
退職代行サービスはプロなので契約期間中であっても、このやむを負えない事情を上手に利用し、会社に合意を取って退職へ導いてくれます。
 
自分で派遣会社に相談してもダメだった場合でも、退職代行会社に依頼することで退職することが出来る可能性が高くなります。
 
また、意外に知られていませんが、契約期間が1年を超えていて、既に1年以上勤務している場合は、労働基準法第137条によりいつでも辞めることが可能です。
 
契約に縛られる派遣は、契約期間の区切りで辞めやすいというメリットがある反面、会社によっては契約期間が過ぎるまでは辞めることが難しい場合があるので、すぐに辞めたいけれど契約期間がまだあって悩んでいる人こそ退職代行サービスの利用がオススメです。
 
本当に自分が置かれているケースでも辞めれるかどうか、心配な場合はまずは退職代行サービスに相談してみましょう。退職代行サービスの多くは無料で相談を受け付けてくれます。

5.退職代行で即日で辞めたい場合、引き継ぎはどうなる?

退職代行サービスを利用した場合、多くの人がもう出社することなく即日退社を希望します。
 
しかし、今自分が抱えていた仕事の引き継ぎをするために出社が必要ではないのか、と心配になる人もいることでしょう。
 
即日退社を望む場合、基本的に正社員であっても派遣であっても引継ぎすることなく、出社なしで辞めれるケースがほとんどです。
 
派遣に限って言えば、派遣先に必ずあなたの仕事を指示する人がいて、その人があなたの行っていた仕事の内容を把握しているのが前提なので、正社員ほど急にいなくなられて困るという自体はないはずです。
 
ただし、辞めたいと考えているならいつ退職してもいいように、社会人として常日頃から備品の整理整頓や、仕事の進行度合いを分かりやすいところに分かりやすく残しておくなどの配慮をしておくと心置きなく辞めることが出来るでしょう。

6.退職代行を利用してトラブルが発生することはあるのか?


退職代行サービスを利用して、以下のようなトラブルにあっている人たちがいます。
 

  • お金を振り込んだのに、何もしてくれず連絡が取れなくなってしまった
  • 退職代行を実行したのに失敗してしまった
  • 弁護士でない業者が交渉を行ってしまった
  • 予想以上の金額を請求されてしまった

 
退職代行は最近人気のサービスなので新規参入して、大したノウハウもないのに安い金額で行っている会社も多くあります。
 
退職代行サービスは多くが3〜4万円。弁護士事務所だと5万以上が費用の平均値になります。
 
2万以下などあまり安い金額の業者は、後から追加料金が発生する場合があるので注意が必要です。
 
最初からお金だけ目当ての詐欺まがいの業者も今後出てくる可能性があるので、退職代行サービスの業者を選定するときは注意しましょう。
 
上記で紹介したSARABAとニコイチは退職代行サービス中でも実績がダントツに多い2社です。
 
安心して利用することが出来るので、業者選定の際には候補に入れて見るとことオススメします。

7.派遣だしバックレでもよくない?と考えている方へ。バックレるとこうなります

正直なところ派遣だし、退職代行サービスを使わなくても、バックレちゃってもいいんじゃない?と考えてしまう人もいることでしょう。
 
特に派遣先に配属されて日が浅いとこういう考えになってしまいますよね。でも、バックレだけは絶対にやめておいたほうがいいです。
 
もちろん、道徳的な面もダメですが、バックレすることによってとても面倒くさいことになってしまうからです。

7−1 派遣会社からすごい数の電話がくる

当たり前ですよね。急に会社に来なかったら、何事なのかと連絡がくるのはごく当然のことなのです。
 
この後状況がどんどん悪化することを考えると、ここで電話に出てきちんと事情を説明したほうが賢明です。

7−2 実家や緊急連絡先に連絡される

個人の電話を取らなかった場合は、登録時に履歴書などに連絡先を記入していた電話番号にも連絡が行きます。
 
バックレたのが親にバレるのは気まずいです。

7−3 家に来る可能性がある

上記の方法でもあなたと連絡が取れなかった場合、最悪家に訪問される可能性があります。
 
ここまで行う派遣会社はあまり多くはありませんが、もし訪問までしてきた場合は担当者が仕事をバックレた怒りではなく、あなたの安否を心配していることのほうが非常に大きいです。
 
(もちろん多少の憤りもあるでしょうが)
 
もちろん、最初に無断で仕事に来なかった時点で、バックレという事実よりも倒れていないかなどの体調面の心配をして連絡してくる担当者がほとんどなのが事実なんですよ。
 
つまり、バックレたことによって仕事に行くストレスから解放されましたが、今度は電話や訪問などのストレスにさらされることになるのです。
 

7−4 バックレするくらいなら退職代行サービスを利用しよう

また、電話に出たとしても、最初はやはり仕事に戻ることを説得されるでしょうし、無断で休んだことをきつく言われる可能性ももちろんあります。
 
入館書などの備品を家に持ち帰ってしまっていた場合は、直接派遣会社に届けに行くか、郵送などで返さないといけません。
 
また、バックレを1度でもしてしまった時点で、その派遣会社で他の仕事を紹介してもらえることはなくなるでしょう。
 
電話も訪問も全部無視して、完全にバックレしてしまえばいいじゃん。今はそう思っても、あなたの中でバックレしてしまった罪悪感は意外とずっと残るものなんです。
 
もう限界。自分さえよければいいと思ってバックレしても、結局は一生バックレした事実に付きまとわれてしまう。
 
だからこそ、バックレしてしまいたい。と思う人ほど退職代行サービスを利用してスッキリ終わらせたほうがいいですよ。
 
確かに数万円の費用はかかってしまいますが、精神的にかかるダメージを考えたらとても安い金額だと思います。余計なストレスが増えるだけなので、バックレは絶対にオススメしません!
 
自分じゃ言いにくいと思ったら、退職代行サービスを利用しましょう。

8.派遣会社のおすすめ総合ランキング2021

当サイト推奨の最新派遣会社の総合ランキングは、実際の派遣登録者からのインタビュー・評判、口コミで作成されています。
 
派遣会社の強みや評判を総合的に確認できます。

【最新】派遣会社のおすすめ総合ランキング2021 全部知っていますか?

 

この記事の執筆者

noriko
大学卒業後、商社に正社員で就職。退職後は派遣社員として営業事務や一般事務などの事務職を中心に、大手会社や財団法人に就業。派遣業務を過去8年間従事した。イベント関連などの短期派遣の経験もあり。登録済みの派遣会社はスタッフサービスなど大手を中心に10社以上。プライベートと仕事の両立のために派遣という働き方を選択していた。

この記事の編集者

派遣会社おすすめ登録ナビ編集部

本記事は派遣会社おすすめ登録ナビを運営する株式会社cielo azul編集部が企画・編集を行いました。